2011年12月28日

年末に鶏をしめてがめ煮(筑前煮)にするのが風習 この辺の田舎の正統な過ごし方

0011254M.png

年末に鶏をしめてがめ煮(筑前煮)にするのが風習。
このような、風習は、残酷か?人間は、残酷な嘘が、はばかり、とおっている現代。
西洋では牛が主食で、中華は豚が主食と、なっており、
日本では明治になってから、西洋にならい、牛を食べるようになったのは残酷か?

それとも、命を絶たなければ、食べていいのか?それは連座して、いるから同じである。
ここに我々は問題がある?
人間は、残酷な生き物である?しかし残酷な事は、していないという?
風習は、鶏を、しめることで、何かを知らし召して、いるのである。
これに比べて、西洋の憲法は神に、大嘘をつくという事で、許すというのが、西洋憲法は神キリスト?
原子爆弾投下をしたアメリカは?今頃に、してはならないものという始末?西洋憲法にじゅんずる大嘘?

しかし日本という国は、風習は、鶏を、しめることで、何かを、知らし召して、いる。
真実一路式が世界で日本だけの、風習である。
神に対しての、感謝をとおすのは、アジア人の風習である。
平気というではな、神からの、さずけものとして、いただくという、年末に鶏をしめて、いただくという年に一度?であったが、
西洋憲法になり大嘘つきが、平然と毎日するように、なったのが現代である。

神でさえ、おいのりにゆくのも、神とは関係のない全国の社殿である。
いわゆる仏の社殿八幡宮と、神の社殿とは、
盆が仏の社殿八幡宮式である。
神々の社殿が新年の夏后式である。?
おまいりする?仕方が違うのに、しているのは大法螺ふきで、西洋人と変わりがない?

新年の迎え方が違うという事である。

何故日本人は、西洋憲法支持者なのかが?新年の礼のあやまちで、ある。

関係無し、新年おまいり、しているのです。これは丁度、西洋式と変わりがない。

鳥は、日本では昔から何故、食べる のか、よりも、神々と相対関係にある事がである?
日本では鳥の風習が、何故あるのか、にある?

新年の迎え方を間違う事は、神々に逆送することである。

年にいちど、の例祭?
西洋式は、きまのが無いきまりがないのに憲法を守れという明治以降?
現代日本には風習はなくなっているのです?
文化文明もなくなっています?
文化の日があるじゃない、え、とんでも、文化とはいいません、西洋式は、憲法も西洋式だから。

文化文明とは、風習のことなのです。

誰一人として、まもっていないでしょう?

憲法の無い世が文化なのです?

人間に文化風習は必要ないのでしょうか?

年末に鶏をしめる風習は必要ないのでしょうか?

全国の津々浦々の神社に祈願にいっていれば、いいのだろうか、西洋式でも、日本人はいいのだろうか?
来年には、それが判ります?間違えると?西洋式浄化されるという。








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。