2008年11月19日

お年寄りと語る時あなたは神のようだという

お年寄りと、世間を語る時人は私を神のようだと、よく言われる?
それはなぜかは、私にはわからない?
朝、目が覚める、とよく、夢か、神託かは、判らないが、私には、神託と、感じる。
神からの伝言は、週のうち、何日も、ある、すると不思議に私は、インターネットへと、向かうのも、私にはよく判らないが、私は、人間に伝えなくてはならないと、使命のほうが、先に、行動へと、うつっている。
天の使命か?

今朝も、神託があり、使命に先んじて、パソコンに向かわせている?

それは、最近の神託を、ニュースで、伝えて、きたのも不思議に、相対するから、不思議な力だと、思っている。

今朝はテロについて、現代のさまを、ありのままに、神託が降りたと、感じて、ここに、記すことにした。
世間では、テロと口にするが、本当のテロとは何か?知らないようだから、私に、伝えられたのだろう。
神はお伝えになられた、本当のテロとは、人間性にはずれた、行動のことで、
人間とは、世間のいうような、捉え方では、有りませんでした?
人の道に、はずれた、行動のことで、人の道に外れると、それはもう、人間とは、いえなくなります。
これでもまだ、人間とはの意味が何か、判らないでしょうから?もう少し、言うと、
善悪がよく、判っていない状態をいい、これでは何も判断能力が、ありませんね。
これが、現代世界だと、神は、仰せられる。

この現代世界に、警告を発せられたのが、国内ニュース 全般 時事問題に、発表してきた。
世界の誰もが想像もつかないような、出来事が、つぶさに、神の名のもとに、書いて来た事と、遭遇しているから不思議でもある?

最近は原油の上昇で、世界の民衆が、困っていたのに、警告したのが、現実になるから、不思議でもある。
投資熱に、地球の爆発が、起きるとしたのは、随分、前になるが?
まさか現実に、さっしたのであろうか?ユダヤの人々の、改心なのだろうか?そう感じるようです。
もう、すでに、ユダヤの文字は、無くなったとも、感じるようです。
世界を揺るがせていた、熱がさめると、今の現象になると、私には、そう感じさせている。
これで世界の、民衆は一安心されている事は、判る気がする。
誰の力であろうか、今度の、暮らしの安心は?
私には神のお力と、感じる。
それは感謝の念に、まったく感じていない、のに、昨日のテロの、ミス込み一般の捉え方が、間違っているとの、神の仰せに、キーボードに、手
、走らせている。

テロのことを、もっと広く世界に、伝えよとの、仰せと、受け止めている。
本当のテロとは、人間性の無い、無法な行動のことで、勿論善悪の事など、何も感じていない、場合、これを、テロと、神は仰せである。
今日本で昨日起きた、厚生省の元役人に対する殺傷事件の、事をを、マスコミ全般や国民も口を、そろえて、みな、テロといっている?
このテロについて、神が、仰せなのは、本当のテロは、国民民衆に向けた、現代そのもの、が全体を含め、テロ状態だと、仰せである。
テロとは、こちらに、向けて、これまでの、政治家や国会運営したきた、連中こそ、国民に向けて、テロ攻撃していたと、仰せである。

では、昨日のテロは、いったい何か?これがマスコミが書かないし、真実が、見えていない証拠、でもあろう。
マスコミも国民に向けて、テロしていた事にもなりかねない?
民衆?人間?ひと、に向ける行動のことが、本当のテロという事になる。
世界で頻繁に起きてテロ行為は、果たして本当の意味でのテロなのか?
もう一度、人間的行動から、見直さなくては、ならない時、がきたようだ。
世界は今揺れ動いている。
これは現象が起きている証拠である?
この現象とは何か?原因は必ずあるから起きる?
まやかしの、これまでの世界の流れの、膿が、今の現象に成っている事は,確かであろう。

ここで現在を、見直そう?現実が見えていないと、人にはなれません?
それは人間ではないから、になります?
現在を見渡すと、私にはわかる事は、テロというのは、現代の事を注しているのかも、知れません。
私たちは憲法の警察は、誰もが、正しいと信じていますね。
だが今の世の中では、ひんぱんに、起きているのは、警察官による、憲法での取り締まりによる、テロ行為と、反対に民衆に向けているのは、見えますね。
警察官による事件や自衛隊による幹部の犯罪は、それ現象を裏づけています。
厚生省や社会保険庁含め、ほとんど、幹部が関っている?これを民衆に向けたテロとは言わないで、民衆の引き起こしたのを、テロと言っている?
民衆の怒りを本当のテロというのか?神はお尋ねになっている

明治革命は、今の世の中を現象となっているが、この明治革命派は、今では正義と人々は、思っていた。
これは神から言わせれば、?反対であると仰せなのである。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109882083

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。