2011年07月26日

竹枝島と古代人はよんでいた

筑紫(竹枝)風習の日本中国雲南から竹枝(筑紫)に、やってきていた除副と酷似。
越語竹枝、竹枝とは人を絆(むす)ぶこと。
竹枝島と古代人はよんでいた。
日本人都在竹枝とあるのは?夜須のことである。
竹枝は「富貴平安」の意あり。

「海東竹枝」は、テッキョンについて次のように書いています。
角杯に似る竹枝。

將箋紙綁在竹枝上,然後放在院子裡。

折り紙や色紙で笹を飾り付け、家の庭などに立てる風習が残っている。將箋紙綁在竹枝
上,把它放在院子裡。傳説寫在箋紙上的願望就會資現。七夕

「西湖竹枝詞」も、「西湖竹枝集」や「西湖雜咏」などに収められています。

筑紫風習の琵琶がある、竹枝とは人を絆(むす)ぶこと。相手と竹枝するに使われている。

古代においての、
筑紫とは九州に(むす)びつけけていた。九州島ともいう。蓬莱山に似たり。






posted by kisan at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 角杯に似る竹枝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。