2007年09月01日

文明とは開かれた、という意味

文明とは開かれた、という、神の創世からはじまる事。
神なしでは文明とは言わない。これが文明の根源である。開花とは始まりの根源。
現代では文明の世の中とはなっていません。
「文明とは何?」 神仏混合して始めて、神々が開かれます。
文明の足跡を刻む神々のなりたち
「文化」の概念とは対等なるモノの存在感の考え方を「文化」という。

対等な関係のモノ「文化」のはじまり。

相応の人間がはじまる
『対等なる自然と人間』から生みだされたモノを対等の台ともいう。

対等なるモノの存在は神から起きる。「神の原理」

《モノ「文化」のはじまり》
モノを作った人に適正な賃金
いろんなモノをつくって売り
モノづくりを学んで
モノが言えることばや、文字
対等にモノが
「心」と「モノ」
モノ語り
真の平等対等 尊重平等対等
対等に意識
最も大なるものの一つ神の存在は太一也
大人と同じモノも食べる対等
会社はモノであると同時に対等なモノ社員「文化」形式

国はモノであると同時に対等な国民「文化」形式
人類と自然の概観、関係はモノであると同時に対等な形式になっている
人間は対等な神形式にあるが、神をはずして、人間を仏にして神に変えるのは
文化には属さないのです。これは野蛮という。

この文章は、
児島宮歴研会著作製作によるものです。
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属し、記事の無断転用を禁じます。 著作者の許可無く無断転載を禁じてお
ります。
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。

児島宮歴史刊行会 -問い合わせ先-
奉賛会 FAX .0946-42-2055
posted by kisan at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 文明ってなあに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53527785

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。