2007年10月09日

天子とする玉璧は峯遺蹟と平原三雲から

この夜須峯遺蹟と平原三雲を結ぶ線は、何を語るのであろうか。
い゛すれが天氏の玉璧であろうか?
玉璧は写意的に天の神様と理解する。

一方の面君主は天に昇る子で、政権は天意の代表で、なって天のイメージは類比することに来る。

復辟 ”と“玉”が“璧”を連作する
天子、天賦の玉権、至当のただことです。
一切と天の神様、主君が関連する礼儀、祭礼のみんなは璧で表示に来る。
もし比例は合わなければ、すると天帝と主君を代表不能です。璧の基本は造形して古代円形の石斧に由来して、原始人類が殺した武器と斧の割った工具を切ることです。
祭祀の于天旅上帝、2は環で、3は塊です。

 用途は古代が臣行為に仕えて天子を導引して行進することである座席を上げる用具。

天子は座席が同様に手を貸す必要があることを上げて、ただ臣の于若要は天子の手と接触可能で、すると大きさのために敬わなくて、両手の相を避けるため触る、すぐちょっと相連を援助することを用いる。

臣と主君がそれぞれ援助した片側を握り締めることに仕える。臣は前に引いて、君は後で実行する
璧は天を代表して玉器は地を代表する
玉器は“玉”と“宗”が連作することで、祖先と宗廟を象徴していて、万物の宗の聚を添えることと比べる。
全部天子とすること配合する玉天子に遜があることを示す。

夜須峰遺蹟ガラス璧(へき)出土
三雲南小路ガラス璧(へき)出土
須玖岡本遺跡(すぐおかもといせき)ガラス璧(へき)出土



河姆渡遺跡は浙江省余姚(よよう)県の遺跡。紹興の東方約80km、杭州湾の南岸に位置する。1973年から78年にかけて2810m2が発掘された。大量の稲籾、籾殻、稲の茎、葉堆積し、更に稲作工具である木製の柄をつけた170個余りの骨耜(鋤先)が出土した。
機織の機械がたくさんあり、土器には蚕の絵などが描いてある。また、おびただしい動物の骨、象の骨がたくさんあります。
春秋戦国時代によく玉璧が登場します。
丹江口ダム地区の墓で出土した陶の璧玉および考古学者が描いた陶の璧玉に付いている模様


南越国( なんえつこく、ピンイン ;; Nanyue-guo )は紀元前203年から紀元前111年にかけて5代93年にわたって中国南部からベトナム北部(嶺南地方)に自立した王国(帝国)である。南粤とも記す。
南越国は秦滅亡後、紀元前203年に南海郡の軍事長官である南海郡尉の趙佗が勢力下の南海郡に近隣の桂林郡と象郡を併せて建国された。紀元前196年と紀元前179年に、南越国は2度漢に朝貢し、漢の「外臣」となるが、紀元前112年、五代君主である趙建徳と漢の間で戦闘が勃発し、武帝により紀元前111年に滅ぼされた。


posted by kisan at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 文明ってなあに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。