2011年04月27日

さまざまな詐欺行為、だましの事例憲法

憲法ほど邪悪なものは、ないだろう、国民すべてが、だまされている。
ことは明治革命にはじまる、人間破壊を工作、の為の憲法、により、現代まで、憲法にだまされ続けている。
幼児教育資金制度憲法に国民はそむけなかった、が始まってまもなく、
打ち切りが下されたのは、れっきとした、憲法詐欺行為である。
同じく、高速道無料にうつるまもなく、この高速道無料は、廃止となるという。
このように、短い期間に変わるのが憲法である。

誰一人として疑わない、憲法は、司法の邪悪とは言わないのは、詐欺行為となっているのに、憲法だからと逃げ切れる。
すべての邪悪なものは、、憲法だからと逃げ切れる。これが適合するのは、詐欺師と同じである。
これは波動がつづく地震の歪みと同じ、で、これは?「中心が」、ない憲法も、同じで、
あるのと、無いのとでは、大違いがある。

?「中心が」、ないと、正しいと言い切れない、だから、裁判にかけて弁護士に、きめさせているが、皮肉にも、警察と同じで、憲法に雇われているので、
唯一で、憲法のいいなりになるだけである。

はじめは、おわりと相関関係している、はじめは、おわりと因果関係現象だけ。

自分の土地が、「知らない間に変更されているのに、気が付かない」と自分の土地ではなくなっている。
これには詐欺憲法が動いていて、閲覧制度機関が、短く設定されていることに、騙される。
「知らない間に変更されているのに、気が付かない」のが大半で通知はしないのが、憲法の邪悪さである。
一年過ぎると、憲法は無効になる。
古来日本にはこんな、邪悪はなく、通知してから、行なわれていたのである。
知らない間にこっそりと、さとられないように、するのは憲法と詐欺師くらいである。
ために司法の、業者や弁護士がいる。いずれも詐欺師の仲間であると言える。

今の地球も地軸が消えたので、
北極と南極の氷が解けて、磁力がうすれている、最後は磁力ゼロになるという。
電力に頼っていた時代が無効に、なって、電気器具や自動車さえ、無効になるという?
では中心とは何か?神か、計りか、でなければ、良し悪しの重さは計れないのだ。

神か、計りがないのが?現世である、代用品として憲法が、使われている。
日本は神の国として、二千年も続いているが今は失われている。
之を知らねば、
憲法の良し悪しは、判らない。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。