2007年11月16日

日本の封建制度のあり方が、人間には、正当であった

日本の封建制度のあり方が、人間には、正当であった

これはあるじ、
がしゅで、あるという、原語から読取れる。
明治以降はこの、封建(ほうけん)が反対の、民が主となる、憲法が人間の正当にあたる上とし
た考えに、基づく、憲法でもって洗脳されたのである。
ここに人間から閑人に、摺りかえられて、入れ替わった天皇いや民天制度を掏り取った後、自
分のものに、スリ変えていた制度がある。
意味不明であるが、極当たり前のように、すり替えた事さえ、反目できないように、組み立てを
更にすり替えて、たのが、歴史にもなかった、宮内庁なる憲法の中の、ものを引用して、人間対
策に、歯止めをかけていた。
それが、誰もわかる、天皇御陵の存在が、現在でも正当なものかは、誰にも宮内庁により封印
されていて、読取れない?
これと同じ現象で、比較すると、すり替えを見破ることが出来る。
現に桓武天皇御陵は明治のどさくさに、破壊されて、政府がその上にすりかわり、伏見に明治
天皇御陵となっています、ここにも、すり替えの実態が浮き出ています。
正当の歴史を、政府が組み替えていた実態は、天皇にまつわる歴史にも、すりかえて、組み立
てられた後を現在に残しています。例では神話も、すりかえが、行われていた。
これはすり替えの手口である、組み立てには手口が使われるから、この手口があると、すりかえ
の実態が浮かび上がる。日本語とは不思議なものがある。
どんなすり替えでも読取れる。

自由主義とは、どのようなものか知らねば、現代は見えない?

現代は正しい判断が出来ているのか

正しい事は、正当性がある事、法律を正当性に引用すれば、当然正当性はすりかわり、為失わ
れます。
法律そのものの、実態

法律とは仏という意味で成り立ってること、法則とは神の法則という意味で成り立っていて、この
神とは上の天という意味になる。
これで法律の判断が、読取れて、用いればすべてが、自然の正当性は当然失われますから、正
しき判断とは、なりません。
法律は法則よりも下になり、人間には引用してはならない。
なのに、是を引用すれば、逆の神に対しさからう、事となります。
現在悪人を憲法で裁いて、弁護士が検察と、答弁して裁判官が判決を下しますが、これが正当
になるのか?これも見分け。、きらなくては、何事も始まりません。
悪をおこなえば、始から悪でしかないので、罰が正当性になる。はじめから判りきっているのに、
何故現代は、憲法を用いるのか?それは西洋の信仰を用いる為で、ここには人間性は失われて
います。
それはどういう意味なのか?
人間性が無いという事は、動物の本能のまるだし、で、獣には正当性など通用しないのです。
動物の生態は、獲物を捕ることから始まります、これはすりかえ、の原点で、相手から奪う事に、
よって、自分が為に主であるという、ライオンに匹敵している。「泥棒の原理」すりかえの応用
それは、自然の原理の法則を引用しなくては、正当性にはならないのです。
神を重んじない、現代では、当然、すり替えの引用しか、ありませんので、正しい事とはいえない
でしょう。

封建とは

封建とは?自然から生み出された法則を云う。
封建とは、一族・臣下に土地・住民を与え(=封)、領土に国を建て(=
建)させ、土地を仲立ちとして主従関係を維持するシステムです。


封建とは日本、中国、ヨーロッパでは中身がまったく違う、 これを知らないとまったく世界史を理解できないこと。
「封」という字は、
 「圭=地面と草木の形」+「寸=手の形」で、草木を植えて「土地に境界を作る」意味です。
「封=土地に境界を作り」諸侯を「建=建てる」ということ。
 諸侯とは、境界で分かれた土地を治める人
天子・皇帝・国王などが、直轄領以外の土地を諸侯に分け与え、
 領有・統治させること。また、そのような制度。

「領主」は、「領土=支配している土地」の「主(あるじ)」のこと。
一般に、上下関係を重視し、個人の自由や権利を認めないさまをいう。
言い換えれば 礼を尊重することによって 維持されてぎた。 人間関係を尊重する。

封建とは? 封建制(ほうけんせい)とは、中国など漢字文明圏における政治思想において
主張された、周王朝を規範とする政治制度。

土を盛って寸を刻む事を「封」と言い、其処には同時に標しを
立てて天を祭る場とした。此れを封建 と言う。封とは天神に報告する事。また封建とは
祭り事を前提として立って政治的領土を分限する事を意味する(「封 禅」を参照)。

封建とは、日本で言えば土地を仲立ちとした主従関係を結ぶことです。

封建とは神の世界であり、唯一は死の世界を表わす魔物の世界。

児島宮歴研会著作製作
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属し、記事の無断転用を禁じます。 著作者の許可無く無断転載を禁じてお
ります。
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。

児島宮歴史刊行会 -問い合わせ先-
posted by kisan at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 封建とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。