2009年03月13日

風習とはしきたりである、(児島歴研会)

風習とはなんだ?
現代日本人が知らない?のは、風習そのものが、消えたのだ。
風習そのものについて、それでは児島歴研会から、述べよう。
風習そのものをサイトに書き込んで探索してみよう。
gooサイトでは?
バレンタインデーって、いつ頃定着した風習なんですか?
風習そのものは、16世紀後半に広まり行われたものであったとされる。
現在では「重陽の節句」の. 風習そのものも無くなり忘れられつつあるのです。
民主だけが摘発されるなんてまさに国策捜査そのもの。 今回の騒動で国際的な
日本の評価そのものを没落させた。 先進国で政敵を倒すため、選挙前に取り締まる
なんて 後進国の典型的な風習そのもの。
風習そのものに遺憾です。誰が発案したんですかねぇ

雛人形を飾る風習そのものの起源は、 実ははっきりしていません。
風習がやんだ地点(時間および空間的)から、風習そのものの終焉にいたる。
「風習」そのものを知らなかったのだ。
風習ことば遊び、そのものは日本古来からあるものだ。
言葉
そのものの意味はよくわからないが、恐らく命の危険を背にしながらの1対1の真剣勝負のことを指すのではないかと思われる。
中国では春節の時、街中で爆竹を鳴らす風習があった。
冠婚葬祭に関する儀式や、風習そのものに. 対する認識
が、世代の違いにより大きく異なってきた。儀式、風習を拠り所と. するシニアにとって
、世代間による認識の違いは不安をもたらしたりする。

風習
そのものを放棄しちゃったわけである。

ここでどなたも、意味解釈のはきちがえ、をしています。

本当は、しきたりの事を風習といいます、(児島歴研会)
しきたりを共有するのが、風習なのです。

日本人は日本人でなくなっております、福岡県朝倉郡筑前町篠隈前田の児島宮の、存在さえ知らないのです。
児島宮の遷宮は、近年に行われているので、古い宮の名は、松峡宮といいます。
それは、児島宮の古巣、が現在の前田なのです。
このことは、篠隈区の住民さえ、知らないのです。
それも無理はあるかと、思われ、
時代の変容とともに、明治革命で、めちゃめちゃに、されたのが、日本の文化です。

代わりに、憲法で、人間性がなくなり、それが原因となり、日本語のことば、が、わからなく、なったのです。
憲法は正しいとして、何事も裁判で決めていますね。
これが証拠でここで、憲法にしきたり、が、変わったのです。
これでもう、お判りになりましたか?

民営化とともに、何もかも破壊され、つづけて、裁判の形式までも、目茶目茶に、される日が、四月に迫りました。
もう憲法という呼び名の形に無く、国民民間人裁判で、やられると、もう、人間はめちゃめちゃに、なります。
ほんとに危険な世の中になったのも、人間からしきたりを、除いたから、けだもの、と、同類になってしまいます。







posted by kisan at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 風習とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

風習とは何か巡廻すること

mktmss1-img422x600-1204899668setsurei-takanori-1.jpg

風習とは長い間続いてきたことを云う。或は巡廻することを云う。
キリスト教の風習とは無関係
仏とは留まるから、風習とは無関係です。
めぐり、くるのが風習。
習慣の事をいう場合もある。
伝承されている風習、なくなれば風習とは云わない。

赤飯や紅白餅
風習は是非伝えていきたいものです。
しかし伝えていたものを、破壊した人物が小泉純一郎なる外来人で、民営化とか道州制とか云々ぬかす、者は皆、これに反しています。
よって日本は日本ではなくなっているのです。
天皇すら新しい民間人がなって、いて、その流れで、古代からの天皇では、ありませんので、ここでも
風習は途絶えているのです。
途絶えているのは現代日本が違うという意味になります。


あるいは「使っていた」ようですね。
日本人のこういう気配りの文化が無くなりつつあるような気がします。
この先の日本人はどうなってしまうのだろうとふと不安になったりもします。
昔からのある風習
時代が変わっても心は変わらない

中秋節・・・旧暦8月15日
が「中秋節」。中国の三代節句の一つ。 古代中国の帝王が秋の季節にお月様を祭る礼。
基盤は日本において農耕の豊作祈願・収穫感謝に関する礼という意味。
儀は風習にあらず、礼は風習也。
風習とは神から成り立っているが、仏はそれが無い。
慣習的に守られ伝えられて来た理解力は風習也。
理解力が無いのは信仰である。
文化や風習とは時代とともに移り変わっていくが、それは何も変わらないもの。

墳墓に附属して陪塚があっても、それを殉死という

(垂仁)
古来からの風習とはいえ、良くないことは従わずともよいはず。これよりのちは殉死の
風習は止めることにしよう」 こうして殉死は排されたが、それから四年後,今度は二番目
の皇后の日葉酢媛が崩じた。
群臣を集めて天皇は、このたびの葬送にあたってはいかがしたものであろうかと問うた。このとき野見宿禰(のみのすくね)が献策して、出雲国の土師部(はじべ)百人をよび寄せ、土で人や馬、その他の物の形をつくらせた。それらの土偶を皇后の陵のまわりに立てさせたという。この土偶を埴輪(はにわ)というのである。

野見宿禰は土師連(はじのむらじ)に任じられた。そして以後、土師連は延暦十六年(797)にその職を解かれるまで、代々天皇の大葬をつかさどることとなる。
ここで判るように、周りに埴輪(はにわ)を並べたのは風習によるものである。

角力は位置を表わすものである。
伝説が秘められているのである。
独特の共通認識であったはずです。
異なる「風習」に対しての認識を持っている。共存

現代が日本の風習が途絶えているのは、
自分自身の好みに照らし合わせて『風習』を選択しているように思えます。
これでは風習とはなりません。
明らかに日本とは違うものです。
つなぎあわせがなければ、これでは風習とはなりません。
つながるから、風習なのです。

現代はこれをすべて変えていますね、それは日本を破壊するもので、風習の破壊者となります。
知識が薄れているのは、日本人から、変わっている事を表わします。















posted by kisan at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 風習とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。