2008年06月28日

神にそむくとすべてが成り立たなくなる

oumon.jpg

神にそむくと、
どんなになるか?を教えているのが、
天罰が下ると、されているが、まだ信用していないのが、明治以降の人間に見える社会である。
ひずみ、が?
生じているが、まだあこがれの方が強く、なりすぎて、頭に浮かばないようである。
民営化や道州制やイギリスを始とする野蛮国に見られる生存の課程がそうである。
同性結婚で見ると?
どうであろう?
憲法の国には、つきものの?神との互い違いが、ある事に、原因する。
同姓とは男と男の結婚のことで、これは現実にはどうあるかに、あります。
これが憲法で正しいとする国イギリスに、見えるフリーメイソン組織は、人間界に食い込んでいる?
そうすると、必ず異変が起ります?
それが、成り立たなくなる理由です。

むすぶとは結ぶと書いて、むすばれる、となります。
これが結婚のむすぶ、の意味です。
例えば男は男でメスではありません。
これが理というものです。
日本には古くから、教科書というべき、教えがあります。
さて何を連想しますが?

では続きを、
言いましょう「児島歴研会」
私たちは古くから知らず知らずの間に、神から教えられてきたものが、文化の日の風習になっている、?
菊づくりの工程に、これがあるのです(日本初公開)

どんな、工程にそれが、判るのか、これが神ではなければ、成り立たなく訳です。
菊づくりには、
天と地と人、から始まります。
これが意味する人間の工程です「児島歴研会」
これを聞けば人間の歩む道がどうすれば?良いのか参考になるでしょう、他には書店で読むのも、いいでしょう。
この中に、人間に、必要なものが書かれています。

それが先程の成り立たなくなる理由です

受け入れてならないもの?同姓結婚としきたり

これは、
民営化や道州制やイギリスを始とする野蛮国に見られる生存の課程がそうである
これに同様している。
それが先程の成り立たなくなる理由です
答えは唯一は?神に逆らう事になってはならない。

農耕の中にも教えているのが、転作という栽培技法にある。
唯一同じモノ同士はいけない。仏ではならないもの
現代は守っていないのが是です。








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。