2008年11月07日

文化を持つ文明と野蛮や未開の闇虚実

文化を持つ文明は、現実であるが、現代では文明はない。
文化とは何かといえば、
風習のことであるが、この風習さえ解説できない現代しか、なかった。
文化の日に何が現代なされているのだろう、?
勲章の授与は、政治家によって定められた、規定であるが、不思議なことに、日本古来のしきたり、の中には、いってはいません?
それに文化の日にもようし、が開催されているが?その意味は、しきたりとは、無関係になっています。
だから、現代は、文明ではないのです、居るのは空間でしか、無い。


では日本の、しきたりとは?
それは、日本の風習を持つ、文化と、いえば、
これしか、ありません。

日本民族は、二つの民族から、始まって、いわば、混血日本人になっていたのです。
一つは卑しい系の、インド霊民族と、イラク民族シュメール人の、神文明とが併合して、はじまった(児島歴研会)と、しています。

こでもう、お気づきかと、
日本古来のしきたりは、どちら、のほうの影響か、で判断されます。

文化を持つ文明イラク民族シュメール人と野蛮や未開インド霊民族では、文化を持つ文明しか、伝える材料がないのですから、
当然、しきたり、なんて、ものは有りませんでした。

文化とはこのように、すぐれた文明のおかげ、によって、しきたり、となって、これが、
風習として、伝えられていたのです。

今世界の人間が、野生動物のような生態と比べても、かしこさ、のあるのは、人間しかいません。
現代人が、うしなったものとは、かしこさ、という事です。

世界でも先進国と言われている、白人の世界にも、生きる為の動作の投資熱に、野蛮や未開だったと、気付いた、アメリカ系の、投資熱が、引き起こした、今世紀最大の罪の重さに、反省の心に、気付いた投資家は、即改めたので、今世界が、正常になりつつあると、しておきましょう。
それは、白人民族が、一気に、賢くなったのに、比較して、日本人は悔い改めも、与党はしていません。
それに天皇家も、まったく、同類なのでしょう?
天皇家も醜いのに、とがめられないと、して、罪を重ねているので、国民にも災いとなって、降りかかるのは、どうしても、さけられないでしょう。

文化の日の、祝い方、は依然として、現代は意味がなくなっています。
ここには、未開の闇虚実に返り咲いた日本人の姿しか、ありません。
あるのは、縄文時代の民族の、霊魂に頼る、野蛮人の、生態だけ、です。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。