2010年02月27日

児島宮は邪馬台の越王台と重複する

児島宮は邪馬台の越王台と重複する。
越王台とは、越王勾践の後胤也、その先に、夏王朝の禹也とある。
不思議なのは、明治以降の天皇が、神武天皇が祖先と、湾曲している事だ。
いままで日本人の、生態が日本にしぼられていたのは、猿人が進化して、日本人に、
なったとするもの。

では、史実は神武天皇の、先は、猿人なのか?
今、明仁天皇は桓武天皇の先は、韓国百済としたが、何故?天皇の祖国としたのか?史実の湾曲の外ならない。

天皇の祖を神武天皇に湾曲した、宮内庁は、明仁天皇も同祖としているのも、?湾曲である。
現に、夜須の児島宮家と明仁天皇は、無関係である。
どちらが、史実にのっとった、か、
確認するには、ネット上で、越王台と探索すれば、答えが出る。

ここで現天皇は、夜須の史実を知らない。
ここに、現天皇の湾曲が、でている。
明治大室虎吉天皇は、児島高徳を架空の人物としている。

ここに、現天皇の湾曲が、でている。
児島高徳の先越王余善は、漢の武帝により侵略されて、武夷山に、移り、
次に、越王余善は夜須へ海を船で渡ったのである。
これがウガヤ尊で、武夷山の時も、祭祀をしていたのが、夜須でも、祭祀が行われていた。

その地は安の里公園の北にあるコガンソンである。
コガンソンの土器と、武夷山の土器は、職人が登り窯で、硬質土器になっているから、重複している。
黒ずんだ、灰色の土器が、出土している。

鷹嘴岩では祭祀跡が見られる、同時期漢の武帝から、倭国へ海を渡った東越王は、夜須の 、篠隈のコガンソンと、言う所に、祭祀を ... 地名コガンソンには、佐久間正勝の長男 正成以降の墓石が、近年改葬納骨堂になるまで、宮家の、墓葬地であった。

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/423
武夷山城村漢城遺址宮殿基址
コガンソンと鷹嘴岩

武夷山城村漢城遺址宮殿基址
http://www.wuyiguide.com/big5/Landscape/Wuyishan/ChengCun.htm
武夷山
http://www.wuyiguide.com/big5/Guide/Info/170.htm
架壑船棺や
「烏金兎毫」という磁器窯の遺跡があります。

鷹嘴岩
天車架から西へ約100m行って、雄鷹の姿に似た巨岩がある。鷹嘴岩は渾然として一体をなす巉岩であり、丸坊主のような岩の頂上、べきものであるという渾然として一体をなす、裸になった岩の頂き、東端は前に突き出ていて、尖って曲がっている所は鷹の口に見えます。



☆鷹嘴岩では祭祀跡が見られる、同時期漢の武帝から、倭国へ海を渡った東越王は、夜須の、篠隈のコガンソンと、言う所に、祭祀を行って居たことが、鷹嘴岩=コガンソンで、見えた。

地名コガンソンには、佐久間正勝の長男正成以降の墓石が、近年改葬納骨堂になるまで、宮家の、墓葬地であったのも、関連した重複の風習が見える。
現在は、安の里公園になっているが、
安の里公園を整地した業者が、発掘した土器には、越式土器が見られた。
武夷山城村の登り窯は「烏金兎毫」、夜須の鳥巣窯と、同じであった。

日本の茶もここから、きていた。児島宮歴研会
茶は越皇帝が始めたとある。
深紅の長衣を神茶の上にはおり、茶の木を「大紅袍」と名付けたそうです。

松延の地元民が所有するそこから出土した遺物は弥生初期の須恵器と云う。 又この地名 はコガンソンと、よんでいる。おそらく、ソンは尊に繋がるものであろう。それは整合 した音訓があるから。| 松峡谷と筑紫城 |

古岩尊が、コガンソンと、よんでいる。





posted by kisan at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 児島宮は邪馬台の越王台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。