2010年12月28日

武夷故称天子地。天子夜須君地。

日本は四面楚歌?

日本の根幹が正常ではない?
世界の将来の運命は、良いことになるだろうと言うことはない。
2012年大王は、?

天子とは?
〔天帝の子の意〕天命をうけて地上を治める者。 帝王。 (2)天皇のこと。
礼楽が起こるのは相応の手続きが必要であり、天子が徳を積むこと百年にして始めて興す ことができるのです。
漢王は天子となり、わたし秦王は越国に亡命した虜として北面 してこれに仕える身になった。その恥辱たるや、まことに甚だしいものがある。

賢徳もないのに皇帝を称するのは空言虚語であり、そのようなものには皇位は維持できない。漢王劉邦

四海を平定し、功労あるものには領地をあたえて封じて王侯となさいました。大王が尊号を称せられなければ、みな、どうしてかと疑って信じないでしょう。大王が皇帝位におつきになれば、臣らは死をもってお守りいたします」漢王劉邦
劉邦は秦朝の煩雑な儀礼をことごとく除いて、法を簡略にした。

黄帝は以前は、おそらくどちらか藁で覆われている大規模を意味します。「黄泉の国のこと」
周り大きく、一般的に知られている"七つの満月"七つの丘の粒径分布
今の山"に天の息子"として知られているが"七つの満月、"これは皇ちゃんの歴史です。

今日の皇ちゃんは、祖国の東の天照大神の新しい顔をして、天照は明日の春の到来を告げています。
武夷山は、天照は蛇行福建省、江西省の間の間で数百マイルを伸ばします。
皇シャンは、海面、本土最高峰の南東二千百五十八メートル以上の武夷の主峰である。

桐?天子地、所在地: 杭州である。
伝承の起源由来(息子)
2つの山の範囲は、2つの黒龍に似ているを参照してください(紋)

中国では皇帝としているが、民の武帝祖は劉邦酒飲みである。
武夷宮は天子地越王勾践胤、ビン越である。
日本では児島宮天子地?夜須君地。

鳥為古越人的圖騰象形鳥模様

越人言う鳥為越祝い之祖の云われ也。
関連とは外に命とあるのも、(鳥命)しきたり、をもつ、しくみを鳥命という。
児島宮先祖は、武夷山城村古漢城から、丑を越の王にとりたてて越の先祖をまつる祭祀を 継がせた。

武夷故称天子地。 武夷君是地仙之主百越始祖武夷

「羌族の信仰の対象は岳であり、岳のなかで、太岳(たいがく)、とよばれるもっとも尊貴な山は、中国の中央にある嵩山(すうざん)である。だが、羌族にとって哀しいことに、その聖なる山は商民族に奪われた。

黄河の中流域から淮水(わいすい)の上流域にかけて、羌族が多数遊牧をおこなっていた。

夏王朝の始祖というべき禹(う)王が築いたと伝えられる陽城があり、羌族と夏王朝の影が歴史のうえでかさなるのである。」
この羌族・夏王朝と嵩山

中国の嵩山は、河南省洛陽の東南近隣、黄河の南岸にある標高一四四〇Mの山であって、中国の聖山五嶽の中嶽とされる。

中国では洛陽近隣の河南省偃師市の二里頭遺跡が夏王朝の遺跡である。

河南省中央部の陽(いまの禹県)であるとか、山西省南西部の安邑である。安邑の東北方近隣にいま夏県という地がある。
関羽の先祖は夏王朝の桀王の臣下であった関竜逢だと伝える。

神話時代の黄帝あるいは炎帝のときに、宿沙(しゅくさ)氏が初めて海水を煮て塩を作ったといわれる。
風姓に出自し、伏羲(ふくぎ)の後で古代の国名を氏としたもの。

伏羲とは三皇の一人に数えられる神話伝承上の帝王であり、風姓はその子孫が名乗った姓である。

炎帝・少昊の系統には東夷との関係の深さが見られる。とくに塩神少彦名神系統との関係でみると、炎帝が注目される。炎帝神農氏は姜姓で、その母が神竜に感精して生まれた子であり、人身牛首で火徳の王、農業・医薬の神であった。

姜姓とは太公望の姓でもあり、中国西方に起源をもつ牧羊種族の羌族に出自する。

火徳の竈神や牛頭人身は、スサノヲ神(牛頭天王)の特徴であった。

三皇の一の伏羲やそれに関連する蚩尤(しゆう)という神は、風神
(苗族には蚩尤崇拝もあったという)、洪水神、魚神で人頭竜蛇身であったとされる。

新羅王家の金氏は優れた製鉄鍛冶技術をもち、鳥トーテミズムがみられ、少昊金天氏の後裔と称していた。
越王勾践の父の允常まで歴代を明らかにせず、越が鳥トーテミズムをもった模様であることから、祖の少康は帝少昊である。

越を匈奴に通じる北狄系

夏は狄種、殷は夷系、周は戎系とみている(『中国の神話』)。
前473年に越に滅ぼされた呉は、周王朝の武王の大伯父・太伯から出たという系譜を伝える。

海神族として竜蛇信仰をもった種族であり、中国古代の三皇の一、伏羲の竜蛇身体という神話が想起される。

鳥霊信仰と複合した鬼神(祖霊や穀霊)のマツリが農耕儀礼として行われ、鳥杆(ちょうかん。杆頭に木や石の鳥形をつけて立てたもの)と大木を立てて銅鐸を打ち鳴らし、その音色にのって舞い踊るシャーマンの姿を復元している。

「天孫」と称した種族で日神信仰が強く、初期(神武天皇以降、)の大和朝廷を築いた。この一統は扶余・高句麗・百済を建てた種族と同系統ではないかともみられる。また、新羅王家の朴氏・金氏と同族であり、朴氏初祖で新羅初代の王と伝える朴赫居世にも卵生神話が伝えられる。

神武天皇の王統は新羅の朴王家と同系とみられる。
新羅王家金氏や金官伽耶王家金氏(金海金氏)と同族であり、もと蘇氏といった一統である。

土井ヶ浜遺跡がある。この遺跡は、山口県豊浦郡豊北町の響灘に突き出した神田岬の北側根元に位置しており、その東南方近隣には、伊勢と同じく二見という地名があり、ここにも二見夫婦岩がある。昭和六年以来の十数次にわたる調査で、この土井ヶ浜遺跡から合わせて二百体超の弥生人骨が出土した。風氏族

この遺跡出土の人骨のなかで特に印象的なのは、「鵜を抱く女」と呼ばれる人骨である。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。