2009年03月13日

風習とはしきたりである、(児島歴研会)

風習とはなんだ?
現代日本人が知らない?のは、風習そのものが、消えたのだ。
風習そのものについて、それでは児島歴研会から、述べよう。
風習そのものをサイトに書き込んで探索してみよう。
gooサイトでは?
バレンタインデーって、いつ頃定着した風習なんですか?
風習そのものは、16世紀後半に広まり行われたものであったとされる。
現在では「重陽の節句」の. 風習そのものも無くなり忘れられつつあるのです。
民主だけが摘発されるなんてまさに国策捜査そのもの。 今回の騒動で国際的な
日本の評価そのものを没落させた。 先進国で政敵を倒すため、選挙前に取り締まる
なんて 後進国の典型的な風習そのもの。
風習そのものに遺憾です。誰が発案したんですかねぇ

雛人形を飾る風習そのものの起源は、 実ははっきりしていません。
風習がやんだ地点(時間および空間的)から、風習そのものの終焉にいたる。
「風習」そのものを知らなかったのだ。
風習ことば遊び、そのものは日本古来からあるものだ。
言葉
そのものの意味はよくわからないが、恐らく命の危険を背にしながらの1対1の真剣勝負のことを指すのではないかと思われる。
中国では春節の時、街中で爆竹を鳴らす風習があった。
冠婚葬祭に関する儀式や、風習そのものに. 対する認識
が、世代の違いにより大きく異なってきた。儀式、風習を拠り所と. するシニアにとって
、世代間による認識の違いは不安をもたらしたりする。

風習
そのものを放棄しちゃったわけである。

ここでどなたも、意味解釈のはきちがえ、をしています。

本当は、しきたりの事を風習といいます、(児島歴研会)
しきたりを共有するのが、風習なのです。

日本人は日本人でなくなっております、福岡県朝倉郡筑前町篠隈前田の児島宮の、存在さえ知らないのです。
児島宮の遷宮は、近年に行われているので、古い宮の名は、松峡宮といいます。
それは、児島宮の古巣、が現在の前田なのです。
このことは、篠隈区の住民さえ、知らないのです。
それも無理はあるかと、思われ、
時代の変容とともに、明治革命で、めちゃめちゃに、されたのが、日本の文化です。

代わりに、憲法で、人間性がなくなり、それが原因となり、日本語のことば、が、わからなく、なったのです。
憲法は正しいとして、何事も裁判で決めていますね。
これが証拠でここで、憲法にしきたり、が、変わったのです。
これでもう、お判りになりましたか?

民営化とともに、何もかも破壊され、つづけて、裁判の形式までも、目茶目茶に、される日が、四月に迫りました。
もう憲法という呼び名の形に無く、国民民間人裁判で、やられると、もう、人間はめちゃめちゃに、なります。
ほんとに危険な世の中になったのも、人間からしきたりを、除いたから、けだもの、と、同類になってしまいます。







【関連する記事】
posted by kisan at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 風習とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

神から言わせれば明治革命はテロである

明治革命は、今の世の中を現象となっているが、この明治革命派は、今では正義と人々は、思っていた。
これは神から言わせれば、?反対であると仰せなのである。
神から言わせれば明治革命はテロであると。
明治革命以降、勝てば官軍負ければ賊軍と、された。
これが正しいとこんにち迄、思ってきた。

だが最近の状況を見るに限り、正しいと、こんにち迄、思ってきた事が裏目に出て、起きてきた。
桂小五郎は、西郷隆盛等、幕府側で、岩倉具視は、天皇側に居た。
革命以降は桂小五郎は、木戸こういん岩倉遣欧使節団(岩倉具視、木戸こういん、大久保利通、伊藤博文) 1872年:東京−横浜間鉄道開通、「学制」の配布(教育を重要視)してきた。
ここに、実態が見えていて、公武合体である事が判る。

「近ごろつくずく思うのだが、いろいろやって
みたものの、結局のところ(政治)の程度にしかいかないもんだね」木戸孝允 - きどたかよし。こういんとも読む場合もある。

ここにきて、はっきり判ったのは、本当のテロ攻撃をしていたのは?

今の天皇の元祖といわれる、明治大室天皇?と岩倉具視一派岩倉具視、木戸こういん、大久保利通、伊藤博文、の薩摩長州が見える。
これに組したのが、今の政治に尾をひいてきた。

教育でも、マスコミでも、明治革命〜現代まで、今日は正しかったと信じてきた。
ここに歪みがあったと気づく者はいない。
明治革命以降有名になり、教育でも、マスコミでも神様扱いにされてきた、お札にもなったりして、いた人物は?明治革命に組し関係した
のは、事実である。
これは悪人ならば、ならないのが、普通であるが、お札になったから善人扱いになっている。
ここにも不思議な事に、気がついた?

テロ側の明治革命派は、現代迄、有名人で、マスコミでも取り扱われている。
ここに神からの神託が、降りて、現代に忠告せよと仰せである。
この段階になり、
事実を知らせよと神は仰せなのである。

今世界に何が起きているのか?
日本人は疎いとも仰せである。
世界が今変わりつつある、のを実感出来ないでいるのが日本人。
アメリカの大統領の降板に始まり、オバマ新大統領をアメリカの民衆は、選んだ。
日本はというと、まだ自民公明党が、現存している。
ここにも見えているのが、日本の疎いとも仰せである。
世の中は動き出したのに、いまだに留まっている政治。

こう書けば、察しがつくであろうか?
民衆は本当に今の政治を求めているのか?
それなのに、まだ解散しないのは?ここに見えているねのが、?
テロしている側はどちらなのか?
麻生側明治革命以降〜現代派か小沢側なのか?

本当のテロ集団の姿が見えてきた
現代迄の流れがすべて、テロに、重点重きをなしていた。

このままの流れに身を任せて、いいのだろうか?
世界は今急激に変わろうとしている。
日本は何も動いてはいない?いや昨日の、厚生省職員幹部攻撃事件は、マスコミはテロと名づけた。
私にはそうは写らない、
本当のテロ行為を国民と民衆に向けていたのは?どちら側なのかに、よるからだ?
人間の暮らしに、行き詰まりを見せているのを、仕方が無いと、税金を上乗せしている政治、はテロとは、ならないのか?
ここに動いているのは、政治のほうではないか。

よく見わたして、見よう、今の世の中を?
いままでが、流れで、それが正しいと思うか思わないか?
アメリカはいち早く気づいたのでオバマ新大統領を選んで、今大きく変わろうとしている。
景気下降は、誰のせいでもない、それはこれまでのゆがみが、投資にあって、見えていないのに、投資したのが、景気下降になっている。
人間、人ではないから、何も見えてこないのです。

見えないとは、世間が見えない、ように、善悪間も、見えないから人ではない。
人の道に反しているのが本当のテロである。

ここにきて、
明治革命派は、今では正義と人々は、思っていたものが、逆になっていた。
本当のテロは現代にあったのである。
世直しの為に、テロ?事件といえるか?あなたはどう、受け止めるか?

民衆は見ているだけで、何もしないでいいのか?
それはただの、悪魔に身を売るとしかならない。

民衆側にたち、どうにもならないのに、立ち向かうのをテロと言えるか?
ここに来て明治革命以降、勝てば官軍負ければ賊軍は嘘だったのか?
検証してみると、
岩倉具視は、天皇側に居たはずなのに?娘に毒をもたせ、孝明天皇を毒殺したのに、NHK連続テレビ放送の篤姫では、自然の病死にしている。
それに徳川方の桂小五郎大久保利通は明治革命派重職になっている。
これでは、真実の反対が今の教育になっている。
まるで、悪魔に身を売るとしかならない。

明治天皇は民間の大室虎吉なのに、今まで続いているのは、国民も悪魔に身を売るとしかならない。
勲章で、もらう側も上げる側も同一でしかない。
ちらほやされて、喜んでいる者は、悪魔に身を売る一味としかならない。
それがほんとの、喜ばしいといえるか?
やはり人間ではないな。










お年寄りと語る時あなたは神のようだという

お年寄りと、世間を語る時人は私を神のようだと、よく言われる?
それはなぜかは、私にはわからない?
朝、目が覚める、とよく、夢か、神託かは、判らないが、私には、神託と、感じる。
神からの伝言は、週のうち、何日も、ある、すると不思議に私は、インターネットへと、向かうのも、私にはよく判らないが、私は、人間に伝えなくてはならないと、使命のほうが、先に、行動へと、うつっている。
天の使命か?

今朝も、神託があり、使命に先んじて、パソコンに向かわせている?

それは、最近の神託を、ニュースで、伝えて、きたのも不思議に、相対するから、不思議な力だと、思っている。

今朝はテロについて、現代のさまを、ありのままに、神託が降りたと、感じて、ここに、記すことにした。
世間では、テロと口にするが、本当のテロとは何か?知らないようだから、私に、伝えられたのだろう。
神はお伝えになられた、本当のテロとは、人間性にはずれた、行動のことで、
人間とは、世間のいうような、捉え方では、有りませんでした?
人の道に、はずれた、行動のことで、人の道に外れると、それはもう、人間とは、いえなくなります。
これでもまだ、人間とはの意味が何か、判らないでしょうから?もう少し、言うと、
善悪がよく、判っていない状態をいい、これでは何も判断能力が、ありませんね。
これが、現代世界だと、神は、仰せられる。

この現代世界に、警告を発せられたのが、国内ニュース 全般 時事問題に、発表してきた。
世界の誰もが想像もつかないような、出来事が、つぶさに、神の名のもとに、書いて来た事と、遭遇しているから不思議でもある?

最近は原油の上昇で、世界の民衆が、困っていたのに、警告したのが、現実になるから、不思議でもある。
投資熱に、地球の爆発が、起きるとしたのは、随分、前になるが?
まさか現実に、さっしたのであろうか?ユダヤの人々の、改心なのだろうか?そう感じるようです。
もう、すでに、ユダヤの文字は、無くなったとも、感じるようです。
世界を揺るがせていた、熱がさめると、今の現象になると、私には、そう感じさせている。
これで世界の、民衆は一安心されている事は、判る気がする。
誰の力であろうか、今度の、暮らしの安心は?
私には神のお力と、感じる。
それは感謝の念に、まったく感じていない、のに、昨日のテロの、ミス込み一般の捉え方が、間違っているとの、神の仰せに、キーボードに、手
、走らせている。

テロのことを、もっと広く世界に、伝えよとの、仰せと、受け止めている。
本当のテロとは、人間性の無い、無法な行動のことで、勿論善悪の事など、何も感じていない、場合、これを、テロと、神は仰せである。
今日本で昨日起きた、厚生省の元役人に対する殺傷事件の、事をを、マスコミ全般や国民も口を、そろえて、みな、テロといっている?
このテロについて、神が、仰せなのは、本当のテロは、国民民衆に向けた、現代そのもの、が全体を含め、テロ状態だと、仰せである。
テロとは、こちらに、向けて、これまでの、政治家や国会運営したきた、連中こそ、国民に向けて、テロ攻撃していたと、仰せである。

では、昨日のテロは、いったい何か?これがマスコミが書かないし、真実が、見えていない証拠、でもあろう。
マスコミも国民に向けて、テロしていた事にもなりかねない?
民衆?人間?ひと、に向ける行動のことが、本当のテロという事になる。
世界で頻繁に起きてテロ行為は、果たして本当の意味でのテロなのか?
もう一度、人間的行動から、見直さなくては、ならない時、がきたようだ。
世界は今揺れ動いている。
これは現象が起きている証拠である?
この現象とは何か?原因は必ずあるから起きる?
まやかしの、これまでの世界の流れの、膿が、今の現象に成っている事は,確かであろう。

ここで現在を、見直そう?現実が見えていないと、人にはなれません?
それは人間ではないから、になります?
現在を見渡すと、私にはわかる事は、テロというのは、現代の事を注しているのかも、知れません。
私たちは憲法の警察は、誰もが、正しいと信じていますね。
だが今の世の中では、ひんぱんに、起きているのは、警察官による、憲法での取り締まりによる、テロ行為と、反対に民衆に向けているのは、見えますね。
警察官による事件や自衛隊による幹部の犯罪は、それ現象を裏づけています。
厚生省や社会保険庁含め、ほとんど、幹部が関っている?これを民衆に向けたテロとは言わないで、民衆の引き起こしたのを、テロと言っている?
民衆の怒りを本当のテロというのか?神はお尋ねになっている

明治革命は、今の世の中を現象となっているが、この明治革命派は、今では正義と人々は、思っていた。
これは神から言わせれば、?反対であると仰せなのである。







2008年11月07日

文化を持つ文明と野蛮や未開の闇虚実

文化を持つ文明は、現実であるが、現代では文明はない。
文化とは何かといえば、
風習のことであるが、この風習さえ解説できない現代しか、なかった。
文化の日に何が現代なされているのだろう、?
勲章の授与は、政治家によって定められた、規定であるが、不思議なことに、日本古来のしきたり、の中には、いってはいません?
それに文化の日にもようし、が開催されているが?その意味は、しきたりとは、無関係になっています。
だから、現代は、文明ではないのです、居るのは空間でしか、無い。


では日本の、しきたりとは?
それは、日本の風習を持つ、文化と、いえば、
これしか、ありません。

日本民族は、二つの民族から、始まって、いわば、混血日本人になっていたのです。
一つは卑しい系の、インド霊民族と、イラク民族シュメール人の、神文明とが併合して、はじまった(児島歴研会)と、しています。

こでもう、お気づきかと、
日本古来のしきたりは、どちら、のほうの影響か、で判断されます。

文化を持つ文明イラク民族シュメール人と野蛮や未開インド霊民族では、文化を持つ文明しか、伝える材料がないのですから、
当然、しきたり、なんて、ものは有りませんでした。

文化とはこのように、すぐれた文明のおかげ、によって、しきたり、となって、これが、
風習として、伝えられていたのです。

今世界の人間が、野生動物のような生態と比べても、かしこさ、のあるのは、人間しかいません。
現代人が、うしなったものとは、かしこさ、という事です。

世界でも先進国と言われている、白人の世界にも、生きる為の動作の投資熱に、野蛮や未開だったと、気付いた、アメリカ系の、投資熱が、引き起こした、今世紀最大の罪の重さに、反省の心に、気付いた投資家は、即改めたので、今世界が、正常になりつつあると、しておきましょう。
それは、白人民族が、一気に、賢くなったのに、比較して、日本人は悔い改めも、与党はしていません。
それに天皇家も、まったく、同類なのでしょう?
天皇家も醜いのに、とがめられないと、して、罪を重ねているので、国民にも災いとなって、降りかかるのは、どうしても、さけられないでしょう。

文化の日の、祝い方、は依然として、現代は意味がなくなっています。
ここには、未開の闇虚実に返り咲いた日本人の姿しか、ありません。
あるのは、縄文時代の民族の、霊魂に頼る、野蛮人の、生態だけ、です。





2008年06月28日

神にそむくとすべてが成り立たなくなる

oumon.jpg

神にそむくと、
どんなになるか?を教えているのが、
天罰が下ると、されているが、まだ信用していないのが、明治以降の人間に見える社会である。
ひずみ、が?
生じているが、まだあこがれの方が強く、なりすぎて、頭に浮かばないようである。
民営化や道州制やイギリスを始とする野蛮国に見られる生存の課程がそうである。
同性結婚で見ると?
どうであろう?
憲法の国には、つきものの?神との互い違いが、ある事に、原因する。
同姓とは男と男の結婚のことで、これは現実にはどうあるかに、あります。
これが憲法で正しいとする国イギリスに、見えるフリーメイソン組織は、人間界に食い込んでいる?
そうすると、必ず異変が起ります?
それが、成り立たなくなる理由です。

むすぶとは結ぶと書いて、むすばれる、となります。
これが結婚のむすぶ、の意味です。
例えば男は男でメスではありません。
これが理というものです。
日本には古くから、教科書というべき、教えがあります。
さて何を連想しますが?

では続きを、
言いましょう「児島歴研会」
私たちは古くから知らず知らずの間に、神から教えられてきたものが、文化の日の風習になっている、?
菊づくりの工程に、これがあるのです(日本初公開)

どんな、工程にそれが、判るのか、これが神ではなければ、成り立たなく訳です。
菊づくりには、
天と地と人、から始まります。
これが意味する人間の工程です「児島歴研会」
これを聞けば人間の歩む道がどうすれば?良いのか参考になるでしょう、他には書店で読むのも、いいでしょう。
この中に、人間に、必要なものが書かれています。

それが先程の成り立たなくなる理由です

受け入れてならないもの?同姓結婚としきたり

これは、
民営化や道州制やイギリスを始とする野蛮国に見られる生存の課程がそうである
これに同様している。
それが先程の成り立たなくなる理由です
答えは唯一は?神に逆らう事になってはならない。

農耕の中にも教えているのが、転作という栽培技法にある。
唯一同じモノ同士はいけない。仏ではならないもの
現代は守っていないのが是です。








2008年04月03日

風習とは何か巡廻すること

mktmss1-img422x600-1204899668setsurei-takanori-1.jpg

風習とは長い間続いてきたことを云う。或は巡廻することを云う。
キリスト教の風習とは無関係
仏とは留まるから、風習とは無関係です。
めぐり、くるのが風習。
習慣の事をいう場合もある。
伝承されている風習、なくなれば風習とは云わない。

赤飯や紅白餅
風習は是非伝えていきたいものです。
しかし伝えていたものを、破壊した人物が小泉純一郎なる外来人で、民営化とか道州制とか云々ぬかす、者は皆、これに反しています。
よって日本は日本ではなくなっているのです。
天皇すら新しい民間人がなって、いて、その流れで、古代からの天皇では、ありませんので、ここでも
風習は途絶えているのです。
途絶えているのは現代日本が違うという意味になります。


あるいは「使っていた」ようですね。
日本人のこういう気配りの文化が無くなりつつあるような気がします。
この先の日本人はどうなってしまうのだろうとふと不安になったりもします。
昔からのある風習
時代が変わっても心は変わらない

中秋節・・・旧暦8月15日
が「中秋節」。中国の三代節句の一つ。 古代中国の帝王が秋の季節にお月様を祭る礼。
基盤は日本において農耕の豊作祈願・収穫感謝に関する礼という意味。
儀は風習にあらず、礼は風習也。
風習とは神から成り立っているが、仏はそれが無い。
慣習的に守られ伝えられて来た理解力は風習也。
理解力が無いのは信仰である。
文化や風習とは時代とともに移り変わっていくが、それは何も変わらないもの。

墳墓に附属して陪塚があっても、それを殉死という

(垂仁)
古来からの風習とはいえ、良くないことは従わずともよいはず。これよりのちは殉死の
風習は止めることにしよう」 こうして殉死は排されたが、それから四年後,今度は二番目
の皇后の日葉酢媛が崩じた。
群臣を集めて天皇は、このたびの葬送にあたってはいかがしたものであろうかと問うた。このとき野見宿禰(のみのすくね)が献策して、出雲国の土師部(はじべ)百人をよび寄せ、土で人や馬、その他の物の形をつくらせた。それらの土偶を皇后の陵のまわりに立てさせたという。この土偶を埴輪(はにわ)というのである。

野見宿禰は土師連(はじのむらじ)に任じられた。そして以後、土師連は延暦十六年(797)にその職を解かれるまで、代々天皇の大葬をつかさどることとなる。
ここで判るように、周りに埴輪(はにわ)を並べたのは風習によるものである。

角力は位置を表わすものである。
伝説が秘められているのである。
独特の共通認識であったはずです。
異なる「風習」に対しての認識を持っている。共存

現代が日本の風習が途絶えているのは、
自分自身の好みに照らし合わせて『風習』を選択しているように思えます。
これでは風習とはなりません。
明らかに日本とは違うものです。
つなぎあわせがなければ、これでは風習とはなりません。
つながるから、風習なのです。

現代はこれをすべて変えていますね、それは日本を破壊するもので、風習の破壊者となります。
知識が薄れているのは、日本人から、変わっている事を表わします。















posted by kisan at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 風習とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

『伊曾保物語』佐久間甚九郎正勝作

天草版 イソボ物語
大英図書館本「伊曾保物語」 イエズス会のスペイン人宣教師が「佐久間甚九郎正勝(ハビアン)
日本の文化を理解し、日本人に説話を使ってキリスト教を教える」という目的で作られた本伊曾保物語。
いやそうではなく、祖先の孝、スメル王を、思い描いての発刊でありました。いうところの風習であるが、伝えるを意味する文化の想像者は、世界でもスメル王しかいません。
この時期は日本の天下は、秀吉により統一されていて、朝鮮征伐に乗り出した、これは秀吉に対する、忠告と見てもよいかもしれない。
人間とは?がこもったのが、物語の世界なのです。
一部はいかでかその罪を 汝わ逃りょぅぞ?」 羊の言ぅわ 「その時わ みしゃぅ以前のことなれば さらに その罪 我れにあたらぬ」また をぅかめより言ぅわ 「汝 また みが野山の草を喰らぅた これまた ぢゅぅぼん なれば なぜに 逃がさぅぞ ?」

ある時、ご主人、しゃんと様、
旅へお出かけたまうに、
下人どもを集め、持ち行く荷物をあてがわんとす。

人々、我も我もと、軽き荷物を争いて取り合い、それぞれに持つ。

あとに食物を入れたる荷物の残りけるが、
その重きに恐れて 持つ者なし。

「さらば」とて、伊曾保 進み出で、
「何事も殿の御奉公ならば」とて、これを持つ。

その日、一番の重荷ならば、
「 御奉公、伊曾保 に 勝るものなし 」と、皆の人誉めけり。

日々、朝夕に この食物を用ゆる。

日数を経て行くほどに、日に添えて軽くなりけり。
果てには、いと軽き荷物持ちてけり。

「あっぱれ、賢き心宛てかな」とて、ねたみたまう人々のありけり。

善人と悪人

ある時、狼、羊(ひつじ)に行き合いて云うよう、

「かねて 汝(なんじ)に貸したる一石の米をば、ただ今 すぐにも返せ、
 しからずんば、汝を喰い殺さん」と云う。

羊、大きに驚き、
「貴殿の米を借りたる覚えなし」と答えける。

狼、「左様に申すならば証人を示さん」とて、
狐ぞ、カラスぞ、鳶(トビ)ぞと云うものを 相語らいて、
奉行のもとへ行き、この旨を訴え申し争う。

この時、狐、進み出でて申しけるは、
「この羊、米を借りけること、誠にてそうろう」 と 云いける。

鳶、又、出でて申しけるは、
「我もその証人にてそうろう」と申す。

カラスも又、同じくなり。

これに依って、狼、正当なりとの採決あり。

羊、いかんとも し難(がた)ければ、
止むを得ず、我が毛を剃って これをあがなう。

その如く、
善人、悪人とは、
悪人の仲間は多し、なれども 善人の味方は少なし。

それゆえ、
善人と云えども、その理(ことわり)を曲げて 屈すと云う事、世に多かりける。

我が国の昔物語によく似ているものもあります。
イソップの話は巧利主義的で、キリスト教倫理とはいかなる意味でも一致しない。
ここに原本は白人作ではないことを明かしている。
この「天草本 伊曾保物語」で、文録2年(1593)九州天草のコレッジオで刊行された。
この後、佐久間甚九郎正勝姻戚の天海僧正の息が、天草四郎に殺される事件が勃発しました。

「キリシタン版 エソポ物語」の方だが、両者とも収録する話が異なっていたり、語彙が異なったりしているため、「古活字本 伊曾保物語」にはキリシタン版とは全く異なった価値がある。と述べていられる。
1591年~1597年頃、天草本と呼ばれる「平家物語」「伊曾保物語」など29種(うち. 12種現存)は、天草のコレジョ(大神学校)で印刷された日本最初の活版印刷本である。
イエズスのコンパニア(耶蘇会)の
コレジオ天草においてスペッリオーレスの御免許としてこれを版に刻むものなり。と載せている。

 「天草本伊曽保物語」は室町時代末期に来日したポルトガル人のキリシタン宣教師のために作られた日本語の教科書です。
神意は正しい者の味方をする、そして同じ程度に悪人の敵にまわる、ということをこの話は説き明かしている。
説き明かしの解説まで入っているのがイソップの特徴である。日本の民話と何とよく似ていることか。そっくりだ。
筋立てといい、教訓の内容といい、日本における同類の例にぴったり重なっている。あまりの一致に驚いてしまう。

この作者は翻訳したのではない?日本の神の法則を知る者だからこそ、甚句や相撲の取り方に、も生かされている神の法則ならではの力作なのです。
明らかに、原本からみれば内容は、日本の神話に近い筋書きに、なっています。
ですから、原作から見ればこれは、西洋キリストの教えとは、ならないのです。

日本語の表現行為を追体験することで、日本語を解析し把握する方法を習得することを目的としています。
伊曾保=伊曾保物語(いそほものがたり)
桃太郎発端=桃太郎発端話説(ももたろうほったんばなし)
天羽衣=けいせい天羽衣(けいせいあまのはごろも)
紀=日本書紀(にほんしょき)歴史書[奈良]
記=古事記(こじき)歴史書[奈良]
後鳥羽院御口伝(ごとばいんごくでん)歌学書[鎌倉]
こんてむつすむん地(こんてむつすむんじ)キリシタン版[安土桃山]

天草で版行したキリシタン版ローマ字綴り口語文「伊曾保物語エソポのフアブラス」が最初だという。この時は「アリとセミ」。



2007年12月28日

祭礼、『四熊斎』

新年を迎えて、祝うなど、現代では、どうでもいいと、なっているのです。
これは人間の、根幹が無くなった事を、示しています。
昔の話しと、ほおって、いては、
まちがい、です、昔は、(習わし)ならわし、をきちんと、守っていたので、らしさ、がそなわって、人間としての、価値感が出来たのです。
これが今と昔の違いです。

比べるという事を、現時世ではやりませんね、これが価値観のもとも、重要かつ、大切なものです。
ですからこれが良いといっても、聞き分ける事が出来ません。
現時世では、これが、まったく、受け付けなくなったと、いう事です。
日本人の、概観がなくなっている代わりに、現代はどうなって、いるのか?さえも
判らなくなっているのです。
だから良いのか悪いのか、判断が出来ないのです。
新年にあたりも、いままでと何等かわりがないと、ほおっています、これが実は、一番危険なことなの、
です、
これは何かと言いますと、悪魔に先導されている、という事になります?
あなた自身に悪魔がのりうつって、いるといっても、馬鹿馬鹿しいと、ほおって、しまうでしょう。
実はここに、危険がまちかまえて、いるとは、気が付きません?
ここには出来ない現代人の悩みがあります。

これを、現時世では直す事ができる、のは、福岡県朝倉郡筑前町篠隈前田にある児島宮の、元旦
に、行われる祭礼、『四熊斎』でしか、変えることが、出来ません?
高くつくか、安くつくかは、みなさん次第です祭主。
これも、あてにならないと、見過ごしてしまうと、ほおっています「児島神」となり、あなたの、すべては
、何もかも、良いのか悪いのか、判断が出来ないのです。
これは原点が、ある、と、ないの、(判断が出来ない)になるのです。
これでは、現時世のままでしか、ありません。
そうです神々は、自分勝手な人には、ききいれなくなり、人間の価値感を、二度と与えてはくれない
でしょう。
人間の価値感を変えるのは、あなた自身のことなのです。
昔のことばに、教訓とありましたが、この教訓とは、見習うという意味があり、現代教育のような、教え
るとは、意味が違います。
この、みならふ、の語源が、習わしです。

比べるという事は、現代憲法での人間はみないっしょ、の人権とは、違い、選んで決めるのは、あなた、
自身です。
この選んで決めるには、比べるという事が、人間だけが持たなければ、ならない、概観なのです。

ここで、現代の間違いを上げると、現代は何事にも良し悪しは憲法で決めてしまいます。
これが一番間違いと、児島宮から公表していますが、誰一人として、聞き入れていません。
ですから、現代はことの、良し悪しが、判断がつかないのです。
これを迷道(迷い)と、いいます、憲法自体がそうなって出来ているのです。
ここに、憲法が正しいから、児島神のいう事等、あてに、しないと、なっては、何も判断出来ないに、な
るか?どうかは?あなた次第です。
選んで決めるのは、あなたしか、おりません?


posted by kisan at 12:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 祭礼、『四熊斎』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

日本の封建制度のあり方が、人間には、正当であった

日本の封建制度のあり方が、人間には、正当であった

これはあるじ、
がしゅで、あるという、原語から読取れる。
明治以降はこの、封建(ほうけん)が反対の、民が主となる、憲法が人間の正当にあたる上とし
た考えに、基づく、憲法でもって洗脳されたのである。
ここに人間から閑人に、摺りかえられて、入れ替わった天皇いや民天制度を掏り取った後、自
分のものに、スリ変えていた制度がある。
意味不明であるが、極当たり前のように、すり替えた事さえ、反目できないように、組み立てを
更にすり替えて、たのが、歴史にもなかった、宮内庁なる憲法の中の、ものを引用して、人間対
策に、歯止めをかけていた。
それが、誰もわかる、天皇御陵の存在が、現在でも正当なものかは、誰にも宮内庁により封印
されていて、読取れない?
これと同じ現象で、比較すると、すり替えを見破ることが出来る。
現に桓武天皇御陵は明治のどさくさに、破壊されて、政府がその上にすりかわり、伏見に明治
天皇御陵となっています、ここにも、すり替えの実態が浮き出ています。
正当の歴史を、政府が組み替えていた実態は、天皇にまつわる歴史にも、すりかえて、組み立
てられた後を現在に残しています。例では神話も、すりかえが、行われていた。
これはすり替えの手口である、組み立てには手口が使われるから、この手口があると、すりかえ
の実態が浮かび上がる。日本語とは不思議なものがある。
どんなすり替えでも読取れる。

自由主義とは、どのようなものか知らねば、現代は見えない?

現代は正しい判断が出来ているのか

正しい事は、正当性がある事、法律を正当性に引用すれば、当然正当性はすりかわり、為失わ
れます。
法律そのものの、実態

法律とは仏という意味で成り立ってること、法則とは神の法則という意味で成り立っていて、この
神とは上の天という意味になる。
これで法律の判断が、読取れて、用いればすべてが、自然の正当性は当然失われますから、正
しき判断とは、なりません。
法律は法則よりも下になり、人間には引用してはならない。
なのに、是を引用すれば、逆の神に対しさからう、事となります。
現在悪人を憲法で裁いて、弁護士が検察と、答弁して裁判官が判決を下しますが、これが正当
になるのか?これも見分け。、きらなくては、何事も始まりません。
悪をおこなえば、始から悪でしかないので、罰が正当性になる。はじめから判りきっているのに、
何故現代は、憲法を用いるのか?それは西洋の信仰を用いる為で、ここには人間性は失われて
います。
それはどういう意味なのか?
人間性が無いという事は、動物の本能のまるだし、で、獣には正当性など通用しないのです。
動物の生態は、獲物を捕ることから始まります、これはすりかえ、の原点で、相手から奪う事に、
よって、自分が為に主であるという、ライオンに匹敵している。「泥棒の原理」すりかえの応用
それは、自然の原理の法則を引用しなくては、正当性にはならないのです。
神を重んじない、現代では、当然、すり替えの引用しか、ありませんので、正しい事とはいえない
でしょう。

封建とは

封建とは?自然から生み出された法則を云う。
封建とは、一族・臣下に土地・住民を与え(=封)、領土に国を建て(=
建)させ、土地を仲立ちとして主従関係を維持するシステムです。


封建とは日本、中国、ヨーロッパでは中身がまったく違う、 これを知らないとまったく世界史を理解できないこと。
「封」という字は、
 「圭=地面と草木の形」+「寸=手の形」で、草木を植えて「土地に境界を作る」意味です。
「封=土地に境界を作り」諸侯を「建=建てる」ということ。
 諸侯とは、境界で分かれた土地を治める人
天子・皇帝・国王などが、直轄領以外の土地を諸侯に分け与え、
 領有・統治させること。また、そのような制度。

「領主」は、「領土=支配している土地」の「主(あるじ)」のこと。
一般に、上下関係を重視し、個人の自由や権利を認めないさまをいう。
言い換えれば 礼を尊重することによって 維持されてぎた。 人間関係を尊重する。

封建とは? 封建制(ほうけんせい)とは、中国など漢字文明圏における政治思想において
主張された、周王朝を規範とする政治制度。

土を盛って寸を刻む事を「封」と言い、其処には同時に標しを
立てて天を祭る場とした。此れを封建 と言う。封とは天神に報告する事。また封建とは
祭り事を前提として立って政治的領土を分限する事を意味する(「封 禅」を参照)。

封建とは、日本で言えば土地を仲立ちとした主従関係を結ぶことです。

封建とは神の世界であり、唯一は死の世界を表わす魔物の世界。

児島宮歴研会著作製作
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属し、記事の無断転用を禁じます。 著作者の許可無く無断転載を禁じてお
ります。
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。

児島宮歴史刊行会 -問い合わせ先-
posted by kisan at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 封建とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

封建のすりかえ憲法

民主は主民のすりかえ反対語

すべてが、すりかえられている、状態では、本当の事等当然ありはしないという、事に行き着く。
民主主義の実態とは、すりかえの、制度のことなり、民が主となっている?
天が地になり地が天に改訳する事。
いくら憲法を以って、裁いても所詮、正当なものとは、言えません。
何故このような現象になるか、現代人には解けませんでした、学者でもこの謎が解けない?
のは何故なのか?
それは、代えられていた日本の封建制度のあり方が、人間には、正当であった、これはあるじ、
がしゅで、あるという、原語から読取れる。
明治以降はこの、封建(ほうけん)が反対の、民が主となる、憲法が人間の正当にあたる上とし
た考えに、基づく、憲法でもって洗脳されたのである。
ここに人間から閑人に、摺りかえられて、入れ替わった天皇いや民天制度を掏り取った後、自
分のものに、スリ変えていた制度がある。
意味不明であるが、極当たり前のように、すり替えた事さえ、反目できないように、組み立てを
更にすり替えて、たのが、歴史にもなかった、宮内庁なる憲法の中の、ものを引用して、人間対
策に、歯止めをかけていた。
それが、誰もわかる、天皇御陵の存在が、現在でも正当なものかは、誰にも宮内庁により封印
されていて、読取れない?
これと同じ現象で、比較すると、すり替えを見破ることが出来る。
現に桓武天皇御陵は明治のどさくさに、破壊されて、政府がその上にすりかわり、伏見に明治
天皇御陵となっています、ここにも、すり替えの実態が浮き出ています。
正当の歴史を、政府が組み替えていた実態は、天皇にまつわる歴史にも、すりかえて、組み立
てられた後を現在に残しています。例では神話も、すりかえが、行われていた。
これはすり替えの手口である、組み立てには手口が使われるから、この手口があると、すりかえ
の実態が浮かび上がる。日本語とは不思議なものがある。
どんなすり替えでも読取れる。

自由主義とは、どのようなものか知らねば、現代は見えない?
この自由の文字を改訳すれば、自とは文字ではおのれ、を主体としている、これは宇宙から見
れば、その中に位置しているのに、自分が主体だと、していることに、なる。
これは天地の始まりを、地天としているのと、同じ意味を持つことになり、反対のすり替え語と
いう事になる。
このように、日本語を用いると、ことばの中に、宿った宇宙観の正当性が出てくる。
外国語にはこれがなく、空間である語源というものがないので、人間には見えませんので改訳
はできないのです。これは民を主となした、キリスト信仰からきているので、人間キリストが神だ
と、すり替えた意味があるからです。
すでにこの文字からも判読できるように、地が天上よりも上とはならないのです。
信仰にも上下はあるのだが、キリスト信仰憲法では、是は通用していません。
日本人はしんぶつ、神仏と発音しますが、キリスト信仰や仏信仰では、これをすり替えて正当と
して取り扱いますから、正当性はこれには通用しないのです。
これがものの原点です。

民主主義の現代がこれで出てきたので、読取れましたか?反対用語が引用していては、正当
な、解釈は出来ないのです。
すりかえの実態は、この国のすべてに引用されていますから、この正当性は、見つける事が出来
ないのです。
どうしたら良いのか?
それには、自然の原理を見極めることに、始まります。
天は天上にある事、地は下にある事、封建は天上にある事、民主は地下に位置している事。
この、ように正しい正当な判断が大切である。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。