2007年05月10日

騙されていた明治後の文化

騙されていた明治後の文化?をあばく
文化が騙されていたなんて、耳寄りな話ではないか?
どこが、どう違うというのか?
について、
文化とは高い文明のことで、伝えるという語源。
文明とは明らかにという語源。
他に「うけつぐ」ともされる。
これは歴史となる。
皆相対(そうたい、相似)している。
これは神なし、では文化とはならない。
文化とは単なる神との営みの生き方である。

神と遮断した明治革命は神に対する挑戦であったことは確かである。ここには神とのいとなみが立たれていた。

確かに現代は、にせものが横行する時代になったのは、確か。
国民にたいするあつりょくは日ごとに増してきている。
ここで考えられる事は、
人間から野生動物の有り方に変わってきたのは、人間性が消えたから、となり、神とは無縁の長物になったと、いう事である。

posted by kisan at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

文明ってなあーに

文明とは、この宇宙を切り開いた、神の国の出来事をつぶさに、書き記して、その訳を解き明かして、人間の暮らしを持続させている根源出来事を文化とか文明とか、で表現しています。児島宮

開かれた文明とは、人間誕生に関わる神と一体になっている、国の名を謂います。
神と別になれば、文化とか文明の表現にはならないのです。
それは野蛮とだけしています。

野蛮・未開の劣等性を知識人たちが疑わなかった時代には、
文明とは何かという理論的問題は発生しなかった ... ある学説によれば、文明とは文化
的同一性である。http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%CA%B8%CC%C0/detail.html?from=websearch
概念問題の難しさは少しも減っていないように思われる。
野蛮は未開とも呼ばれる。

文明を示してくれているのが文字と人間とのかかわりである。

文化と文明は伝統がなくしては、語れないものがある。
特に新しい発想は文化の名に著しくは無い。
その違いが文化であり、私たちが日常使っていることばの文化は、
実は新しい発想の出来事であって、伝統文明とは、別な新しいものに、なるのです。
文明や文化は相対しているから、相似するのであって、人間関係のように、他人との間には、あくまでも他人の関係としか、ならないのと、まったく意味は同じ事である。

すなわち、文化文明とは神と一体化した、記録でなければ、ならないのです。


posted by kisan at 07:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

文化ってなあに

文化とは高い文明のことで、伝えるという語源。
文明とは明らかにという語源。
他に「うけつぐ」ともされる。
これは歴史となる。
皆相対(そうたい、相似)している。
これは神なし、では文化とはならない。
神文明をひきつぐのが農耕文化である。
言語とは、そして文化とは何なのか。1つの日本語

文化とは単に生き方

人間になぜ文化なり、思想なりといった

自然の発生
から発展したのが文化である、作るものは文化とは云わない。あくまでも、自然の発生をうけつがなければ、文化の意味がない。

優雅 ... 栄華を誇る
これらはいずれも『菊と文化』が正しい伝統である。
文化とは「当たり前にできること」が織り合わさったもの
現代ではほとんど文化とは、いえません、文明でもありません。
おそらく、手動で作られた社会的科学類でしょう。

世界の異なる暮らしの人々は、常識、価値観、考え方など、が違い、現代では日本も同じように、教えられてきたが、これは西洋の、身振りが、植え付けられたのが原因している。
代表的なものに憲法があり、自然体の憲法ではない。
これは明らかに、身の都合主義により作られたものでしか、ない。
「生物多様性」がますます重要視されるようになってきた
本質
的なものが存在した上でそこに付加的に表現を加えるものである。
人間らしい人間のあり方そのものである。
必要なことはいま、
確かな碇と骨格を用意しておくことだろう。
文化とは
「人間の現実的・想像的な自然経験から受け継いだ象徴
化された形態」である。
対自然、対人間、対観念などの内容をもち、これを象徴化するという人間の営みは、用いられ多様性にも応じ、さまざまな形をとる」ものであり、象徴化とは、客観的・主観的経験の意味化といってもよい。

「三原則からなる形態」である。
これは日本文化を象徴するものである。
一つでは文化は形象できないのだ。道州制例あつめる、環濠。
縄文 原始などは、文化とはならないのです。








posted by kisan at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

女性への割礼

hosi_anime001.gif

部族では女性も賛成して、尻の軽い女は存在しない方がいいと考えている
割礼の儀式の対象は女性でした。
クリトリスの部分を抉り取るというものです。
その割礼を受けていない女性は結婚が出来ず、
村八分のような目にあうそうです。

風習を捨てるならばそれもいいと思います
文化への誇りを優先して絶滅するのも、それはその人種の勝手だと思います。

野蛮で根絶すべき悪習

生贄にするという風習や実際には何の意味のない風習によって嫌がる他人の命を奪う風習です。
風習を根絶させるという事は人の身勝手
権力者が死ぬと殉死といってあの世のお供をしろと嫌がる人々を無理やり生き埋めにしていた風習がありました
現代ではこの原始式が取り入れられています、例えば「野蛮で根絶すべき悪習」がそれです。
弥生以来ずっと長い間続いていた風習が明治になり、換えられてしまい、今日までそれが、ずっとづいています。
どちらを、選ぶかによって人の運命が代わるのは、神の御意思に反するか、添うかできまる。

文化には何らかの理由がある場合が多い
根絶した風習は二度と復活しません。


posted by kisan at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

字源が明かす日本に風習は失われた

L.jpg

字源が明かす、にほんとは、?
二つという意味の日本という意味が文字に込められている。
日本語は世界でも、まれな、文字と音訓である。
私たちが習わなかったのは、明治暴動を起こして国をのっとった、海賊大室虎吉事明治天皇を指す。この人物が、周りのものと結託して、この古代からの日本の風習を消してしまった。

今では新しく取り入れた憲法で、すべての組み換えを行って、教育勅語なる、異生活の指導を命じたので、国民はこの憲法に従い
今日に至っている。
風習を伝えるすべもなくなり、この国土に住む人種は新しい現代ということば、をふるに利用して、宣伝していた。
ここに日本の風習はことばなき、ぬけがらの、習性に変わっているのです。ですから今の古代からの風習と現代、行っている、すべての、習わしは、違っています。
風習とは同じものを伝えていくことを注した言葉なので、変えてしまつたものは、元のようには、戻らないのです。
意味が違うという字源がそれを明かしています。
posted by kisan at 08:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風習ってなあーに

風習は聞きなれないことば、だろうとは、思うが、日本の歴史上から、失われた生き方のことを、風習と呼んでいます。
昔の人々が「風習」として今に受け継がれている。
日本の風習. こちらのページでは、日本の風習についてご紹介しております。

1月(睦月)編 · 2月(如月)編 3月(弥生)編 4月(卯月)編 5月(皐月)編 6月(
水無月)編 7月(文月)編 8月(葉月)編 9月(長月)編 10月(神無月)編 11月(霜月)編 12月(師走)編  

前歯を無理矢理引き抜く、かなり
乱暴な風習を持っていた。日本では縄文時代後半に大流行
渡来系弥生人の代表的
存在である土井ケ浜集団でも、なぜか盛んにこの風習を実施

ここではいろんな、ならわし、風習を取り上げて、日本の教育では、ならわなかった、日本人の暮らしについて、取り上げて書いていきます。

posted by kisan at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。